市川市のおもちゃ図書館Cafe Santaで出張ワークショップ開催

「どなたにもやさしい居場所であるように、特に障がい児・者、難病支援に力を入れ、取り組んでいます」

地域の子ども達や障がいを持つ方と関わる人たちと近隣のみなさんが集まり、楽しんだりくつろぐ交流の場所となることを目的として古民家をリフォームし開店したおもちゃ図書館Cafe Santaで、11月21日(木)に藤野電力の出張ワークショップを開催します。約3時間で電気のことを知り、ソーラーパネルで電気を作る方法を学ぶことができます。詳細は下記の通りですので、ご興味ある方はページの一番最後から申し込みしてください。通常のワークショップの詳細につきましてはこちらをご参照ください。

ワークショップ内容

今回のワークショップは、いつも藤野で実施している3時間のものを出張で行います。

電気の説明を水に例えながら行い、いつも使っている電力について家電の使用電力や日本の電圧といった話を簡単に紹介します。そして、ソーラーパネル、バッテリー、チャージコントローラーの接続を銅線を加工しながら行い最後に電球を点灯させます。全体で3時間ほどかけてじっくりと工具を使いながら組み立てを行っていただき、ソーラーパネルを使って電気を作る方法を会得してもらいます。

日程は11月21日(木)で、11:00~15:00(昼食を食べながらの懇親会込み)で開催します。

料金は5,500円(税込)です。

※作ったキットを持ち帰る場合は20Wコースで32,800円(税込)160Wコースで49,800円(税込)が別途掛かります。

講師: 鈴木 俊太郎

藤野電力 (設計・施工・開発部門プロジェクトリーダー)

相模湖近くにて漢方整体「森氣庵」を経営する整体師

東日本大震災以前から自宅にオフグリッド電力システムを導入していたことをきっかけに、市民による再生可能エネルギープロジェクト「藤野電力」を友人らと設立、施工責任者として日々ソーラーパネルを設置しつつ、全国でワークショップや講演活動も行う。


元はサラリーマンとして大手企業に勤務するも、26歳で仕事を辞め、奥さんと世界一周の新婚旅行へ。帰国後は福祉業界で約10年働くが、激務によりカラダを壊したのが整体師になるきっかけだったというアグレッシブな軌跡の数々。

アクセス

京成本線国府台駅徒歩0分

・国府台駅前の通り、松戸街道の1本内側です。

・Santaの看板とおもちゃ図書館の旗が目印

・※駐車場はございません。お車でお越しのお客様は近隣のコインパーキングをご利用ください。

申込みは下記からお願いします