[vc_row][vc_column width=”1/2″][vc_text_separator title=”様々な形で施工”][vc_column_text][icon name=”lightbulb-o” size=”3x” color=”#111″ margin=”15″]

2012年1月より、小さな独立型自家発電設備を住宅に施工する活動を行っています。当初は藤野電力の建築家仲間が設計する新築住宅が主でしたが、最近は既存の住宅への施工や事務所への施工、リフォームに合わせた施工など依頼が多様化しており、藤野地域以外のご依頼も受けています。[/vc_column_text][/vc_column][vc_column width=”1/2″][vc_single_image image=”718″][/vc_column][/vc_row][vc_row][vc_column background=”#104539″ width=”1/2″][vc_column_text][icon name=”wrench” size=”3x” color=”#ffffff” margin=”15″]

部分オフグリッド


どの案件にも共通しているのは「部分的にオフグリッド」という考え方。電力会社から買う電気と自宅で自家発電する電気、ふたつの種類の電気を楽しくデザインして上手に組み合わせる。もし停電になった時、家族みんなが集まるリビングの電気だけはオフグリッド、お父さんの書斎だけオフグリッドなどなど、施主さんごとに多様なアイデアが生まれます。

[/vc_column_text][/vc_column][vc_column background=”#22825D” width=”1/2″][vc_column_text][icon name=”battery-quarter” size=”3x” color=”#ffffff” margin=”15″]

自分の家で作った電気


安定して使える電力会社の電気と、天候やバッテリー残量など気にすることが増えるけど、停電時には頼もしい小さな独立型発電機の生み出す電気。さて、みなさんならどのように活用しますか?

[/vc_column_text][/vc_column][/vc_row][vc_row][vc_column width=”1/2″][vc_text_separator title=”施工事例”][vc_column_text][icon name=”bolt-o” size=”3x” color=”#111″ margin=”15″]

ワークショップでおなじみの独立ソーラーシステムを、初めて新築住宅に設置しました。天然素材にこだわったこの家は完成見学会も行われ、多くの方が来場しました。1Fの12V LED照明、テレビ、2Fのパソコン(12Vからコンバーターで変換)、12V LEDデスクランプとソーラーからの電力でまかなっています。ソーラーパネル100W1枚、インバーター500Wタイプ、コンバーターはいつもワークショップで使っているものと同等品です。通常の東電からの電気と完全に独立したオフグリッドシステムは、新築時に併設するのが合っています。東電のスイッチの横に設置された藤野電力のスイッチ。とても面白い取り組みです。今後ともこのような地域での事例を増やしていきたいと思います。

■施工したパネルの合計出力:100W

■施工案件での累計出力  :100W [/vc_column_text][/vc_column][vc_column width=”1/2″][vc_single_image image=”719″][/vc_column][/vc_row]