自然や里山の資源を見直し、自立分散型の自然エネルギーを地域で取り組む活動です。

2011年3月11日の震災、そして福島の事故を機に、今まで当たり前として世の中にあった様々な常識がほころびつつあります。安全安心に毎日を暮らしていくために、エネルギーも今までの中央集権型から、住民が自ら参加出来るような自立分散型へ移行していきたい。エネルギー消費自体を少なくしつつも、我慢ではなく、より新しく、より楽しく生きていけるような、暮らし方へと移行していきたい。私たちが目指すものは、エネルギーシステムの移行自体より、むしろそれによってもたらされる地域の豊かな未来なのです。

発足について

相模原市緑区旧藤野町地区に生まれた藤野電力は、企業でもNPOでもない地域活動のひとつです。持続可能なこれからの生き方を考える英国発祥の市民活動で、世界に約1,000以上、日本でも50以上の都市で行われているトランジションタウン活動の1つ「トランジション藤野」から、東日本大震災直後に生まれました。地域の自然の恵みを見直して自立分散型の
自然エネルギーで地域の未来を考える活動で、2011年より有志メンバーによって運営されています。

 

主な活動

1.お祭りやイベントへの再生可能エネルギーによる電源供給
2.再生可能エネルギー発電システム組立てワークショップの開催
3.藤野地域の施主さん宅へ再生可能エネルギー発電設備の施工
4.市民発電所の建設
5.効果的なエネルギーの使い方の研究と共有